ローズとピノの喧嘩からSMAP、2016年を振り返る

今日は朝からおばばが外出。久しぶりに暗くなってから帰ったので、一家は遊び足りずに元気一杯でした。リーフとブランは追いかけっこして、ピノはとっても久しぶりなボール状のおもちゃの残骸をガジガジ。そのピノが遊んでたおもちゃの残骸を、ピノがちょっと離した時にローズが遊びだして、ピノはじとーっと側で見る感じ。で、ローズが離した途端またピノが奪ったら、そこからローズとピノが激しく本気喧嘩を始めました。かなり久しぶりな感じの本気の歯をむき出した喧嘩。おばばも間に入って本気で止めました。

 

で、そのあとの二人。

 

ピノはそのおもちゃの残骸で一人でガジガジ遊んでます。ローズは、ママの腕の中でふて寝。ずっと、フンッフンッて怒ってる。だから、ずっと撫でてあげて「ローさんはいい子だよ〜頑張ってるよーママを頑張ってるよ〜」って言った途端、スマスマ最終回をつけてたテレビから「がんばりましょう」が流れてきた。笑

 

で、ほらほら、二人とも仲直りしましょ、ってピノ君を抱き寄せて、ローズと顔を合わせてほら二人でチュッチュって言ったのに、これ。


 

もうローズがプンプン状態。女ってしつこいよね。笑

 

面白いもので、ブランとリーフは、ママであるローズに絶対服従で、何かローズが偉そうにやってもガゥ〜って言うだけでなんとなく流す。でも、ピノは小さい頃からローズが一人で独占してるおもちゃを「ママ一人でズルいよ!」って欲しかったり、ローズが理不尽なことをすると本気で怒る。男ピノ。曲がった事が嫌い。笑

 

やっぱりね、ローズ一家みたいな仲良し家族でも一緒に暮らしてたらムカつくことってあると思うんです。ローズは一家の長としていばらなきゃいけないし、ママに抱っこしてもらいたいのに孫たちにかまってるから甘えたいのに我慢。そういう小さなストレスってたまると大きくなる。

 

そんなことを思いながらスマスマ最終回を見てて、やっぱり疲れるよね、長年同じチームでやってたら、と。同じ会社の同じ部署でずっと同じ人たちと仕事してる、ってことでしょ?と。おばばには無理だ。笑 SMAPすごいよ。本当に。こんな個性的な魅力ある人たちがずっと一緒にやっていくって並大抵じゃない。でも、できることならば、おばばが大好きなユニコーンみたいに一度解散してまた復活して欲しいなぁ。そういうのもアリだと思う、SMAPぐらいの人たちならば。

 

今年は、プリンスが亡くなって、Dead or Aliveのピートさんが亡くなって、今日はジョージ・マイケルが亡くなったニュースがあって。国民的アイドルのSMAPが解散して…おばばは18年間の会社員生活を卒業して独立して、今まで約40年間都民だったところから引越して。本当に色々あった年です。ローズ8歳、子供たち3歳、2016年は絶対忘れられない年になるはず。

 

ローズとピノの喧嘩から年の瀬に一年を振り返って感慨に浸りました。話飛びすぎ?笑

 

コメント